logo
Home

映画 お 葬式 感想

【日本公開】 年(ロシア映画) 【原題】 Karp otmorozhennyy 【監督】 ウラジーミル・コット 【キャスト】 マリーナ・ネヨーロワ、アリーサ・フレインドリフ、エブゲーニイ・ミローノフ、ナタリヤ・スルコワ、セルゲイ・プスケパリス、アントン・シピニコフ、タチアナ・トゥゾワ、オリガ・コジェブニコワ 【作品概要】 突然の余命宣告を受けた女性が“終活”をする姿をコミカルに描いた、ロシア製ヒューマンドラマ。 主人公のエレーナを演じるのは、本国ロシアでは名女優との誉れ高いマリーナ・ネヨーロワで、本作が8年ぶりの映画出演となりました。 ほかに、エレーナの隣人リュドミラ(リューダ)役を、『ストーカー』(1979)や『恋愛小説』(1993)などに出演したアリーサ・フレインドリフが演じます。 本作は、モスクワ国際映画祭観客賞やウラジオストク国際映画祭観客賞といった数々の栄誉に輝くなど、高い評価を得ています。. 映画感想文では、以下の3点について書いてみましょう。 また、これらのことを一緒に映画を見た人と話し合ってから書いてみると、 一人で考えるよりイメージが広がりやすくなるでしょう。. お葬式(1984)の映画情報。評価レビュー 246件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:山崎努 他。 俳優・伊丹十三の記念すべき監督デビュー作にして大ヒットを記録した傑作コメディ。突然、妻の父がなくなったことで初めてお葬式を出すことになった一家の途方に暮れるさまと、お. 雨の中、棺桶を別荘に運びこんだ後、北枕にせねばと騒ぎます。 たまたま北枕になっていたので、替える必要はないのですが、正吉がずっと北枕を気にします。 訃報を聞いた近所の人、知己が集まってきました。 女性は台所に立ち、男性は居間で会話を交わします。 今年の春、真吉が撮影した写真が遺影にぴったりだと、みんなは喜びました。 お葬式とはいうものの、その場はしめっぽいものではありません。 親族が集まるちょうどいい機会でもあり、みんなおしゃべりに花を咲かせていました。 千鶴子の家は真言宗ですが、近くに宗派がないため、浄土真宗のお坊さんに頼みます。 侘助は葬儀会社の海老原と話し合いをし、詰めていきます。 お布施をいくらほど包めばよいかと、海老原に相談しました。 夜になり、みんなはそれぞれ眠る支度をします。 きく江は線香を絶やさぬよう、番をしました。 〔第二日〕 雨がやみました。 東京から侘助の付き人・青木がやってきました。 青木はカメラで撮影します。 侘助は葬儀についての打ち合わせに余念がありません。 映画 お 葬式 感想 11時に葬儀をいとなむのですが、それよりも前に死亡届を出すのだと教わります。 葬儀の手順を説明したビデオを、侘助と千鶴子は真剣に見ます。 あいさつをまじめに復唱した侘助は、出棺と精進落としの時にあいさつが必要だと気づき、頭を抱えます。 出棺のあいさつは正吉に任せるつもりですが、精進落としの時には、自分があいさつせねばならないのだと思い、侘助は緊張します。.

。 以下原作の結末ネタバレ。(ネタバレ注意!) 日浅が会社を辞めてからは、まったく連絡が取ることができませんでした。 ある日、今野へ連絡がはいりますが、相手は日浅ではなく、副島和哉という人物でした。 仙台まで出張に来ているという連絡で、久しぶりに電話で話すことにした今野。 副島は、今野の元恋人で、最近性別適合手術を受けて女性になったようで、電話口の声は女性のものでした。 しばらくしてようやく日浅から連絡があり、久々の再会を果たします。 なんでも彼は冠婚葬祭に携わる会社の互助会の、営業マンとして働いているそうです。 見た目もすっかり変わっていて、営業トップを築いていると語るのでした。 その後も何度か会ううちに、日浅は今野も互助会に加入してほしいと勧誘するのでした。 ノルマを果たすためだと頼み込まれた今野は、契約をします。 しかしその後、3月11日に震災が起こり、同僚の西山から“日浅は死んだかもしれない”と聞かされるのでした。 釣りが好きだった彼が、当日も海辺にいた可能性は大いにありえます。 彼とかつて飲み歩いたお店や、思い当たる場所をめぐる今野でしたが、日浅を見つけることはできませんでした。 その代わりに見つかるのは、日浅という男の素性について。 彼は西山へ契約のお願. 絶賛ネタバレあり感想映画『透明人間』()のラストの衝撃を本気で語る; 映画 お 葬式 感想 年11月18日 ネタバレ『映画すみっコぐらし』ラストの素晴らしさと“あの童話”の意味を語る【解説・感想】 年10月5日 映画『ジョーカー』ネタバレ解説!. · 「父の初七日」のクチコミ(レビュー)「疲れる葬式」。映画のクチコミやレビューならぴあ映画生活で!. 【日本公開】年2月14日 【原作】沼田真佑『影裏(えいり)』 【監督】大友啓史 【脚本】澤井香織 【配給】ソニー・ミュージックエンタテインメント 原作は第157回の芥川賞を受賞した沼田真佑さんの『影裏』で、沼田さんのデビュー作でもあります。 メガホンをとったのは映画『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督。. 映画の感想を備忘録的にのっけています。 似た感性を持った人は参考に、違うと思った人は逆の意味で参考にしてみてください。年間100本は観る予定です。.

冒頭でも書いた通り、予告と前情報で、元死刑囚と心に傷を負った若者たちが心を通じ合わせる系の映画かと思っていた。 前半はその通りの内容だったんだけど、後半から急展開。 由紀に襲いかかった出来事と秀丸が下した決断には度肝を抜かれた。 これは魂を揺さぶられる衝撃作と言ってもいい。 由紀は母親の再婚相手である父親から性的虐待などのDVを受けており、それを苦に自殺未遂。病院へやってきた時は妊娠までしていた。 これだけでも絶望的に辛い境遇なのだが、彼女はさらにこの病院でヤク中の重宗(渋川清彦)にレイプされてしまう。(たぶん重宗はヤク中だったと思うのですがあってるかな?) そんな悲しい出来事の直後、由紀が泣き叫ぶシーン。 この小松菜奈の演技は圧巻だった。 悲しさと悔しさが入り混じった咆哮。役が乗り移ったような叫び。感情移入するには十分過ぎた。 小松菜奈ちゃんのことはもともと好きだったけど今作品でさらにファンになりました。この人、天才だね。 そんで傷ついた由紀は病院から姿を消します。 事情を知った秀丸は重宗を殺害。 秀丸は由紀のことを思って、彼女がされたことを誰にも言わなかった。 しばらく経ち、逮捕された秀丸の裁判に消えた由紀が姿をあらわす。 由紀は法廷で重宗にされたことを証言し、自分は秀丸に救われたことを話します。 ありきたりな言い方になるのだが、このシーンは涙無しでは見られない。 劇場中からは鼻をすする音がいくつも聞こえた。(わたしは鼻啜るほど泣いてないですけどね) この映画はどんでん返しが起きたり、見終えてスッキリするような映画ではない。 というよりめちゃくちゃヘビーな映画である。 「なんでこの子にこんな不幸なことばっかり起こるの!?」と立ち直れないレベルに辛い映画なのだが、秀丸、由紀、チュウさんの繋がりを見ているとどこか救われる部分もある。 辛いことが起こっても人との結びつきや誰かのためになら生きていける。 そんな気持ちにさせてくれる映画だった。. 満足度 100点満点中70点 満足度は高めですが、やはり精神科病院のリアリティーのなさは気になった。 でも、1番気になったのは秀丸さんの殺人が美化されているところだな。 簡単に人を殺しすぎでしょ。この人を野放しにしたら絶対また人殺すよ。 先月見た『楽園』も殺人犯が悲劇的に描かれた映画だったのだが、楽園の殺人犯と秀丸さんの決定的な違いは、殺人が美化されているかどうかだね。 秀丸さんは由紀を守ったヒーロー的な描かれ方をされている気がする。 確かに重宗は問題のある最低な人間だった。 大切な仲間を傷つけられて許せないのも分かる。 でもだからって殺していいってわけじゃないからね。 由紀をこれ以上辱めるわけにはいけないと思ったのだろうけど、ここはぐっと堪えて司法に任せて欲しかった。 そんでこの場合、悪いのは病院。 重宗は問題を抱えてるから病院に入れられたわけだから、他の患者に危害を加える可能性も十分に考えられた。 そんな人間を野放しにしてカラオケ大会に参加させるとかマジでこの病院頭おかしいんちゃう? ってな感じで理解できない場面もありましたが、最終的にはガン泣きしたし本質的なものは理解できたので満足度は高い。 でもやっぱり細かいところは気になった。そんな感じの映画でした! 映画 プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日、視聴完了。考察というか、評価や感想を書いていく。 娘がいるのだが、案の定プリキュアはそれなりに観ている。私は娘とたまに観ている程度なので、プリキュアについて熱く語れないのだが、備忘として感想を残しておこうと思う. 。. 前者の場合、遺体を棺桶から出すことに抵抗があるのです。 侘助たちは淡々と決めますが、正吉は納得いかず、「三河ではそうしない」とごねていました。 棺桶に入れる際に、遺体がまだあったかいとみんなが言いますが、綿のぬくもりでした。 真吉を棺に入れたあと、ドライアイスを入れます。 みんなでのぞき込み、蓋をしました。 侘助は中年ですが、葬儀を出すのは初めての体験です。 それは千鶴子も同じでした。.

映画『新聞記者』の感想&考察です。前半はネタバレなし、後半からネタバレありとなっています。 英題:Newspaper Reporter 製作国:日本(年) 日本公開日:年6月28日 監督:藤井道人 『葬式の名人』(そうしきのめいじん)は、年 9月20日公開の日本の映画。同年8月16日に撮影地の大阪府 茨木市(イオンシネマ茨木)で先行上映された。. 転勤で岩手の盛岡へと移り住んだ今野秋一。 慣れない土地で出会った男・日浅典博は会社の同僚でした。 日浅と共に過ごすうちに、徐々に心を許し、二人はいつしか親友のように親しくなりました。 共に酒を飲み、ときには釣りをし、ささいなことで笑いあう、まるで青春のような日々でした。 あるとき、夜釣りに出かけた二人でしたが、些細なことで喧嘩になります。 焚き火の灯りに照らされながら日浅は 「知った気になるな。人を見るときは、その裏側、“影の一番濃いところ”をみるんだよ」 と意味深に告げるのでした。 いままでの態度とは違う日浅に戸惑い、朝まで飲もうという誘いを断って今野は帰宅しました。 そんな歯切れの悪い夜が、二人の最後の日だったのです。 今野は数ヵ月後に同僚・西山から、日浅が行方不明で生死も不明だと聞かされます。 日浅の痕跡を追い始めた今野は、日浅の父や兄へと会いに行きます。 しかし家族達は彼のことは、縁を切ったからと突き放すのでした。 追えば追うほどに見えてくる日浅の素顔は、まったく知るものとは異なっていて. 市制施行70周年を記念するビッグプロジェクトとして、川端康成の名作群をモチーフにオール茨木ロケで撮影された映画「葬式の名人」。イオンシネマ茨木でのロングラン公開終了後も全国各地の映画館で上映され、現在はアマゾンプライムなどで好評配信中です。令和2年10月3日から22日まで. 最初に自分の埋葬許可証を得ようと、エレーナは戸籍登録所に向かいますが、担当者はまともに取り合ってくれません。 それでも、埋葬されるには死亡診断書がいると告げられ、元教え子のセルゲイが勤める遺体安置所へ。 「息子が忙しくて葬儀やお通夜の準備ができないから、自分でやりたい」という恩師の心情を察したセルゲイは、こっそりと死亡診断書を交付。 意気揚々と戸籍登録所に戻ったエレーナは、戸籍を抹消してもらって埋葬許可証を入手し、その足で葬儀屋で棺桶を購入するのでした。 (C)OOO≪KinoKlaster≫,r. そんな 『葬式の名人』 を今回は紹介していきます. 病院で仏さんの顔を見た侘助たちは、きれいな死に顔と言いながら眺めました。 耳のあたりが変色しているのではないかと、つくづくと観察します。 きく江が、真吉の最期の様子を親族に語りました。 きく江がティッシュを買いに行って帰ってくると、容体が急変していたそうです。 病院をすぐ出ねばならないので、会計を済ませるため、里見が金を持っていきました。 病院で人が死んだ場合、多額の費用を請求されるのではないかと侘助と里見は考えて、ひとまずは20万円を用意したのですが、病院の窓口に行くと33560円で、想像よりはるかに少ない額であることに拍子抜けして、里見は思わず笑ってしまいます。 病院から遺体を移動させる際に、棺桶に入れるか否かで親族が揉めました。 棺桶に入れて運ぶのは楽ですし、効率的です。 問題は葬儀の場に移動してから、再度棺桶から出して布団に寝かせるのか、棺桶ごと安置するのか.

映画『来る』の作品情報 映画 お 葬式 感想 あらすじ 予告動画 動画リンク 映画『来る』の感想 映画 お 葬式 感想 闇を持つ主人公たち 人間が怖いホラー映画 面白いb級映画 映画『来る』の考察 ラストの琴子&除霊の結末 知紗の名前が同じ意味 ラストで霊媒師を集めた理由 知紗と祖母が. 映画『stand by me 映画 お 葬式 感想 ドラえもん』を無料で視聴する方法を紹介。映画を見るならtsutaya tv/discasがおすすめ。前半はネタバレありの感想やおすすめポイント、後半はあらすじやキャストを解説。. 映画「私のちいさなお葬式」のあらすじ(ネタバレあり)と感想を中心に紹介します。 73歳になるエレーナは、小さな村で教師の仕事を全うし、気心のしれた友達や大好きな本に囲まれ、楽しい余生を過ごしていました。. 俳優の井上侘助は、女優の雨宮千鶴子と結婚しました。 ふたりのあいだには2人の小学生の息子がおり、侘助と千鶴子は東京で暮らしています。 ふたりとも、俳優の仕事は順調でした。 妻・千鶴子の両親は三河の出身ですが、侘助はその老いた義両親に、伊豆のカモメ温泉を譲りました。 カモメ温泉の別荘地で、義父・真吉と義母・きく江は暮らしています。 義父・真吉は年に一度、定期検診を受けていました。 その日は定期健診の日で、どこも悪くないという結果を聞いた真吉は、うなぎやアボカド、ハム、日本酒を買ってきて飲み食いします。 夕食後、真吉は具合が悪くなりました。 きく江が気づき、隣家の精神科医・木村に判断を仰ぎます。 木村が病院を紹介し、きく江は真吉を連れて、タクシーで病院へ行きました。 病院へ入院した真吉は、容体が急変して、そのまま亡くなります. パラサイト 半地下の家族の映画情報。40296件のレビュー(口コミ・感想・評価)、内容・ネタバレ、あらすじ、予告編・予告動画、公開映画館情報、公開スケジュール、監督・出演者の関連映画情報、パラサイト 半地下の家族の動画を配信している動画配信サービスの情報。. . 川端康成は1899年大阪生まれ。幼少期から中学生までを茨木市で過ごしました。 旧制茨木中学(現在の茨木高校)の後輩に評論家の大宅壮一、小学校の同級生に政治活動家の笹川良一などがいます。 茨木中学時代のことは、祖父の死を描いた『十六歳の日記』や寮生の後輩男子との交友を描いた『少年』に詳しいです。 数えの16歳で祖父を失い、天涯の孤児となった康成は、茨木中学在学中に文学者を志すように。 小説家としてデビューした後は、横光利一らとともに海外の前衛文学の手法を取り入れた新感覚派の旗手として活躍。 映画 お 葬式 感想 『伊豆の踊子』などの叙情したたる初期作から、代表作『雪国』を経て、戦後は源氏物語に代表される日本の美と幽玄の世界に沈潜し、『山の音』『千羽鶴』『古都』などで、日本文学の水準を世界に知らしめました。 1968年日本人初のノーベル文学賞受賞。茨木市名誉市民。 母校の茨木高校には、川端の筆による「以文会友」の石碑があり、本作にも登場します。.

東京の佐久間のところから、斉藤良子という女性が手伝いに来ました。 良子は青木と居間にいますが、通夜の席にそぐわぬ振る舞いをします。 良子が大きな声で騒ぐので、青木と侘助は東京へ帰そうとしました。 実は良子は侘助の愛人で、わざと騒いでいたのです。 良子は侘助にダダをこね、山の中で自分を抱けと言います。 侘助は仕方なく良子を抱き、帰しました。 台正寺の住職がやってきます。 読経が始まりますが、みんな正座で足がしびれました。 夜、通夜の席には、遠方の親戚が到着します。 真吉の老人会の仲間も集まり、思い出話に花が咲きました。 明日のあいさつがプレッシャーになっている侘助は、自室にこもって挨拶を考えます。 〔第三日〕 翌日11時、葬儀が始まります。 おおぜいの人が集まりました。 拡声器で会場の中の声が流され、会場に入りきらない人は、外で読経を聞いています。 風が強くて、香典の金が飛んでいき、大騒ぎでした。 お棺にくぎを打つ前に、最後のお別れをします。 カメラで撮影する正吉は、あれやこれやとポーズに注文をつけました。 棺桶に形ばかり、石でくぎを打っていきます。 出棺前のあいさつは、正吉がよどみなくすませました。 狭い道を霊柩車が移動し、山の中の小さな火葬場で、真吉は焼かれます。 みんなで煙突を見上げますが、煙は見えません。 焼き場の見学をさせてもらった侘助たちは、煙突から煙が出てきたのを確認します。 遺骨を持ち帰り、別荘で精進落としをおこないます。 侘助が挨拶をしようとすると、きく江が「自分がしたい」と言い出しました。 侘助はほっとして、きく江に譲ります。 精進落としも終えて弔問客を見送った侘助と千鶴子は、腕を組んで手をにぎりました。 (エンドロール) 葬儀が終わり、侘助と千鶴子の家族が、葬儀の後片付けをする。 庭にドラム缶を置き、ごみを焼く。. 葬式の名人()の映画情報。評価レビュー 162件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:前田敦子 他。ノーベル賞作家・川端康成の小説を原案にしたコメディードラマ。高校の同級生が逝去したと聞き10年ぶりに集まった人々が、摩訶(まか)不思議な通夜を体験する。. See full list on new-movie.

映画評論・レビューブログの人気ブログランキング、ブログ検索、最新記事表示が大人気のブログ総合サイト。ランキング参加者募集中です(無料)。 - 映画ブログ. See full list on hm-hm. (C)“The Master of Funerals” Film Partners 本作のカギを握る人物・吉田を演じた白洲迅もセリフが少ないながらも佇まいが印象深く、フッと消えてしまいそうな危うさと人懐こい笑顔が心に残ります。 そのほか、20代後半に差しかかり人生に迷い始めた同級生たちを、若手キャストが好演。 また、栗塚旭と有馬稲子が、本作独特の浮遊感にリアリティと説得力を与えました。 映画『葬式の名人』は9月20日(金)より全国ロードショーです。 ご期待下さい。. 葬式の名人を見たユーザーからの映画の感想・レビュー・評判などクチコミ情報を掲載しています。映画鑑賞の前にぜひ. 映画 お 葬式 感想 面白かった映画や、大好きなシリーズの映画。見終わった後は、ブログに感想を書きたくなるものですよね。 しかし、ありきたりな感想だとライバルが多く、せっかく書いた記事がネットの海に埋もれてしまいます。. 。 〔第一日〕 雨の日。 侘助と千鶴子がCM撮影をしている現場に、真吉の訃報が舞い込みました。 千鶴子とともに東京の自宅に帰宅した侘助は、2人の息子に、祖父の死のことを説明します。 真吉の葬儀の喪主はきく江ですが、実質的な指揮をとるのは、侘助の役目になりました。 侘助は東京にいるときから、葬儀に奔走します。 侘助と千鶴子2人のマネージャーをしている、里見新吾を葬儀委員長と命名し(冗談で)、手伝わせます。 電話で棺の注文をすると、侘助たちはどしゃ降りの雨の中、車で移動しました。 まずは、真吉が息を引き取った病院へ駆けつけました。 そこには葬儀屋の海老原が待っており、手配をすると言います。 死んだ真吉は7人兄弟でしたが、兄弟はすでに他界しており、肉親は真吉の兄・雨宮正吉だけでした。 真吉の子どもは、千鶴子と妹・綾子です。 綾子の家族も駆けつけていました。綾子も小学生の息子を持っています。. お葬式の映画のあらすじ・映画の結末の感想6(ネタバレ含む) 今頃、遅い夕食で、メニューはうなぎとアボカド。 これは伊丹十三の映画『お葬式』に出てくるんだが、多分伊丹監督のお気に入りでもあったのではないかと推測する。.

See full list on cinemarche. 死んでまで迷惑をかけたくないと自ら終活に勤しむ母と、命あるまで有意義な生活を送ってほしいと願う子。 互いを思いやりすぎてボタンをかけ違える親子間の葛藤と調和を描く本作『私のちいさなお葬式』は、シニア層のみならず、幅広い世代の共感を誘います。 親と離れて暮らしている方や、子どもとの会話が減っている方は、本作が親子の会話の一助となることでしょう。 映画『私のちいさなお葬式』は、年12月6日(金)よりシネスイッチ銀座ほかで全国ロードショー。. (C)“The Master of Funerals” Film Partners 人との別れは突然訪れるもの。 本作の吉田は10年ほど前に、友人たちの前からも、家族たちの前からも去って行きました。 そして一瞬だけ帰って来たかと思ったら、また不意に姿を消します。彼の空白の10年間は誰にもわかりません。 自由という名のボールを追い続ける彼の背中を見つめる事しかできません。 そんな、風のように駆け抜けた旧友の最期を、笑いに包みながら見送る本作。 不義理だった吉田に向けられるのは、たくさんの愛情と温かい思い出の数々。 雪子と豊川の雨のエピソードのように、作中で語られる思い出はあくまで語った人物の主観であり、真実とは限りません。 本作自体も川端康成の作品群が原案ということもあり、“通夜”という 此岸と彼岸のはざまのひと時を、虚構と現実の境界線を設けずに、軽やかに飛び交います。. 沼田真佑さんの小説『影裏』が映画化となりました。 公開を前に試写会へ参加された方々からの感想が、続々とSNS上へ投稿されています。 全体的に、主演の綾野剛さんや松田龍平さんが作り出す、独特な雰囲気が印象強く、短い出演シーンながらも新しい役柄へチャレンジした、中村倫也さんへの高い評価も投稿されていました。.

映画『葬式の名人』を観た人の感想、評価、口コミ ※皆様からの感想や口コミも随時募集しています☆ 下記のコメント欄にお気軽に書き込んでください!! 『葬式の名人』 あ〜高良健吾かっこよかった〜 派手な服を着こなす名人😂. 『私のちいさなお葬式』 息子の手を煩わせるため 母さん一人で終活します! このちいさな映画には人生の悲喜こもごも全てが詰まっている。いくつになっても親子は親子。2人の想いに泣き笑いできる愛すべき映画!今週末、母親に会いに行くか。. 年間100本以上!観た映画は全部感想を載っけます。 トムの素人映画批評. 映画 お 葬式 感想 「影裏」あらすじと結末(ネタバレ)、感想や作品情報をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 原作小説『影裏』も、読者へ読解をゆだねる部分が多い作品といわれていますが、映画でもその印象を受け継いで、見た人それぞれの心に残る作品へと仕上がっているようです。 原作と違っている部分はあるのかどうか、映像化によって受ける印象も異なっているのか、公開が楽しみですね。. (C)“The Master of Funerals” Film Partners 【日本公開】 年(映画) 【原案】 川端康成『十六歳の日記』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『葬式の名人』『片腕』『古都』『化粧の天使達』 【監督】 樋口尚文 【脚本・プロデューサー】 大野裕之 【劇中漫画】 やまだないと 【キャスト】 前田敦子、高良健吾、白洲迅、尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香、阿比留照太、桂雀々、中江有里、大島葉子、佐伯日菜子、中島ボイル、信江勇、鷲尾直彦、多井一晃、上野宝子、大野秀典、福本清三、中島貞夫、堀内正美、和泉ちぬ、栗塚旭、有馬稲子 【作品概要】 日本人初のノーベル文学賞作家・川端康成の作品群をモチーフに、前田敦子と高良健吾が主演を務めて描いた青春群像ファンタジー。 前田、高良のほか、白洲迅、有馬稲子、尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香らが顔をそろえました。 閉館した銀座シネパトスを題材にした『インターミッション』()で初監督を務めた映画評論家・樋口尚文の監督第2作です。. .

映画を観て、感想や印象に残ったシーンを 絵にしてみよう! 年度もコンテスト開催決定! (募集期間:年11月2日(月)~年1月17日(日)). (C)“The Master of Funerals” Film Partners 28歳の渡辺雪子(前田敦子)は木造アパートで息子・あきお(阿比留照太)と二人で暮らしています。 頼れる身内もいない雪子は、工場で働きながらたった一人であきおを育てているため、彼が熱を出しても仕事を休むわけにはいきません。 そこに、茨木高校時代の同級生・吉田創(白洲迅)の訃報が届きます。 野球部で吉田とバッテリーを組んでいた豊川大輔(高良健吾)ら、旧友たちが遺体の安置所に集まりました。 高校時代、ピッチャーだった吉田は、地方予選決勝で右腕を故障して棄権し、野球を断念。 卒業後の彼のことは、両親すら良く分かっていませんでした。 その無念を知る豊川は、「吉田をもう一度、母校・茨高(いばこう)へ連れて行ってやりたい」と提案。 吉田の棺桶をかついで茨木の街を練り歩き、久しぶりに母校を訪れ、思い出話で盛り上がります。 と、ここで熱血漢の豊川がささいなことで葬儀屋と喧嘩をしてしまい、彼らは母校の中で、吉田のお通夜を行うはめになってしまいました。 僧侶(栗塚旭)の読経も終わり、いよいよ吉田に別れを告げる時、雪子があきおにある真実を告げ. 「私のちいさなお葬式」 いい映画だという噂を聞いていたが、期待通り、なかなかの佳作でした。ロシア映画も最近は面白いです。監督はウラジミール・コット。 73歳のエレーナが、病院で診察結果を聞いているシーンから映画は始まる。何やら心臓の病気が進んでいて、いつ亡くなっても.

/b43a94a8-24 /32 /4278027680a7 /95